Home>Q&A

Q&A

Q1:食品に入っていた乾燥剤の再利用方法は?

乾燥剤は効力が残っていれば、家庭での食品の保存や靴の乾燥などに再利用できます。
石灰乾燥剤は、粒状の生石灰が吸湿により粉状の消石灰に変化します。
乾燥剤の袋を振ってみて、原料が粒状の場合には効力が残っています。

Q2: 乾燥剤の捨て方は?

収集される自治体により分別の基準が異なります。各自治体にお問い合わせください。

Q3: 石灰乾燥剤を誤って食べた場合の処置は?

原料の生石灰(酸化カルシウム)は、水と反応し多量の水和熱を発生します。
火傷の兆候がみられる場合は、医師の診察を受けて下さい。
原料が吸湿済みで粉状(消石灰)の場合、通常はうがい程度の処置で済みます。
消石灰(水酸化カルシウム)には毒性はなく、食品添加物としても使用が認められている物質です。
しかし、水溶液は強いアルカリ性を示し、粘膜を刺激しますので、飲み込んだ場合には牛乳または大量の水を飲み、医師の診察を受けて下さい。

Q4: 石灰乾燥剤を食品と一緒に煮てしまい、その料理を食べたがどうすれば良いか?

乾燥剤には、毒性のあるものは含まれていません。
加熱調理することで内容物が小袋から染み出ることはありますが、人体への影響はありません。
特別な処置をしなくても問題はありませんが、気になるようであれば、その乾燥剤の小袋を持参して医師にご相談下さい。

Q5: 食品に入っていた乾燥剤が、パンパンに膨れていたがどうしてか?

膨らんでいた乾燥剤は石灰乾燥剤です。
石灰乾燥剤の原料は生石灰(酸化カルシウム)です。
生石灰は吸湿することで消石灰(水酸化カルシウム)に化学変化します。
この時、形状が粒から粉に変化し、体積が2~2.5倍に膨張します。
乾燥剤の小袋は、完全に吸湿・膨張した際にパンクしないように、余裕を持たせたサイズになっています。
反応式CaO+H2O→Ca(OH)2

Q6: 乾燥剤は再生可能か?

当会員の製造する石灰乾燥剤は、吸湿により生石灰から消石灰へと物質が変化するため再生はできません。